日々これ試行錯誤

共働きで子育てしつつ、丁寧な暮らしを目指します。

キズパワーパッド最強説

ここ2週間、私は悶絶していた。なぜか。

甘く見ていたのだ。この私ならば大丈夫、という慢心があったのだ。

結果、あれよあれよと状況が変化し……ヤツがきた。乳腺炎である。


異変を感じてから助産院に駆け込むまでの戦いをここに記したい。

 

乳腺炎はツラいよ

・1:キズパワーパッド最強説 

・2:乳腺炎手前で、おっぱいマッサージにより華麗に復活。

・3:乳腺炎にはキャベツ湿布と保護クリームを。

 ---

 

娘も11ヶ月にして、ようやく上の歯が生えてきました。


それまで「ウチの子はおっぱい噛まないのかしら♪」と思ってたのですが、まぁ噛む。
わざとじゃかくて、眠い時にウッカリ噛んでるようなのですが。。


そして、異変を感じだのが1日目。
なんかイタイ。イタイかもしれない。

ちくちくするし、吸われた時に若干痛い。産後の乳首切れたみたいな痛みでした。


でもこの日は、明確に噛まれた感じがしなかったので、なぜこんなに痛むのか原因不明でした。


2日目は、吸われるともう痛い。
吸ってもらっても、乳房下部はペラペラになるのに、上部は張ったまま!詰まりかけてるのかも?と不安になり、とりあえず我流おっぱいマッサージをし、添い乳の体制もチェンジ。


私の頭を娘の足元にして、逆さの状態で吸ってもらい、なんとか上部の張りは消えました。


3日目
始終、ズンと重い痛みがある気がする。
乳頭を見ても、白斑みたいなものはないし…授乳がめちゃくちゃ痛い。

 

とりあえず、やったことないフットボール抱きで飲ませてみる。どんな体制でもゴクゴク飲んじゃう食いしん坊な娘である。

 

しかし母は、この辺りで病院を意識する。


4日目
おっぱいはペラペラ。朝、さーて今日も会社頑張るぞ!と、いつものように母乳パッドを取り替えようとしたら…血痕がッ!!超少量。ビビって乳頭を見ると、かさぶたができているのであります。


え?なんで?やはり噛まれたの?それとも詰まってる?謎すぎて怖いので、この時点で母乳外来がある、出産した病院へ電話。


がしかし、助産師さんに「産後11ヶ月です」と伝えると、「そんなことで電話してクンナ」ばりの、大したことない口ぶりで、逆に私が恥ずかしく。。


「噛まれて痛いくらいなら、そっちのおっぱいはお休みして、どうしても辛くなったらまた電話ください」とのことでした。


でもね、助産師さん。痛いのよ、ズキズキするのよ、授乳が怖いのよ。。

 

そして、お休みするって、自分じゃ上手く搾乳できないし、どうしたものか…。


というわけで、Google先生に助けを求めることに。
「おっぱい 噛まれる」で検索すると、なんと「キズパワーパッド」の文字が多いことか!


キズパワーパッドって、傷から出てくる粘液を固め、自然治癒を促すバンドエイドです。


それをどうするの?というと、なんと、乳首に貼る!直接貼るッ!


えええーーー!!!って思いましたが、早速夫にキズパワーパッドを買ってきてもらうことに。


娘は現在、授乳でしか眠れない(涙)ので、貼るとしたら翌朝です。1日が始まれば、夜まで授乳はしないので、その夜はガマンし、翌朝を待つのであります。


そして、待ちに待った朝。
ついにこの時が来たッ!
意気揚々とキズパワーパッドを貼る。


その日の夜…
キズパワーパッドがブヨブヨに膨れている!ということは、乳首が水分に覆われて回復を促されたということであります。


そして、夜の寝かしつけ。
授乳しても、痛くない!
キズパワーパッド最強〜〜!!!


この調子で、明日もキズパワーパッドを使うぞ♪
と、思っていたのであります。そう、5日前までは……。(つづく