私と家族と丁寧な暮らし

アラサー兼業主婦です。日常できらめいたもの、妊娠・育児のこと、音楽のこと、読んだ本のこと、考えたことなど。

33w6d 真夜中に夫を全力で起こす

先日、真夜中にふくらはぎが猛烈につりました。こむら返りです。

その時の体験と、自分なりに反芻して、これかな??と思った行動を書いてみます。

 

 

こむら返り体験

こむら返りが起こる原因としては、ホルモンバランスの崩れとか、骨盤の緩みとか、カルシウム不足とか言われてますが、私の場合はお腹が大きくなって血液が行き渡らなかったというのが原因だと思います。

 

それは急激に訪れました。

真夜中、ぐっすり眠っていたのですが、パッと目が覚めた瞬間、激痛!!!

痛いと声が出せないってマジです。あと、漫画などで陣痛中の方はよく大汗かいている描写がありますが、痛いと本当に大汗かきます。一瞬です。

 

昔、なにかの雑誌で、

  • こむら返りが起こったら、足の指を自分の方に持ってくること。
  • お腹が大きくなって、それができない場合は、壁に足をつき、壁に押してもらう形でそれを行うこと。

というのを読んだので、ベッドから起きて壁を目指したのですが、痛くてそれどころの話ではない。

 

仕方なく耐え忍び、痛みが少し引きました。

この時の私の寝相は、なんと仰向け!!!普段は苦しくて、入眠の際は必ずシムスの姿勢をとるようにしているのに、何故起きたら仰向けに??

 

とにもかくにも、この仰向けの姿勢のために血流がうまくいってないのだと思い、痛みが引いた間にシムス位に移行しようと左を向いたところ、また激痛がッ!!!

 

今度ばかりはどうしても我慢できない。15秒くらい我慢してから、どうにもならないと悟ったので、隣で寝ていた夫の肩をバシバシ叩き、

 

すまねぇ、足がつった、治してくれるか…ッ!!

 

とだけ言うと、すごい勢いで起き上がり、無言で私の足を伸ばしてくれたのでした。

治った後、ありがとう、と言うと、

 

ん。

 

とだけ言って、また眠りについた夫。翌朝聞いてみると、まったく記憶がないそうです。寝ぼけてたのかもしれないです。

 

なにが悪かったのだろう

翌朝私は、こむら返りについて調べまくりました。

もう2度と、あんな痛い思いはしたくない…!その一心でウェブや本を一心不乱に読みました。

 

そこで行き着いた私の答えは、血流が悪かった、です。

思えばこの日、寝る前は以下のような状態でした。

  • 寝る前にお手洗いに行かなかった。
  • 寝る前に水分を補給しなかった。
  • とにかく寝苦しかった。(息が苦しい、胎動が激しい)

 

お手洗いに行かない、水分補給のあたりはすぐ改善できたので、 問題は寝苦しさ。

 

これは、血流に関係ないかもしれないのですが、眠れないとイライラするし、なんとなく身体には悪いですよね。

 

義母に相談したら、気にせず、眠れない時はいっそ起き上がって本でも読んで、昼間眠れる時に眠ればいいわよ〜とのことで、心がとても軽くなりました。

 

あとは、アロマオイルが好きなので、たいたり、面倒な時はティッシュに垂らして鼻の前でフリフリしたりしています。

アロマは妊娠中に嗅いでもいいもの、悪いものがあります。私はゼラニウムの香りが好きで、かつ妊娠中も問題ないとのことなので、楽しんでいます。

不思議と、アロマをかぐとよく息が吐ける気がするのです。(深呼吸のコツは、「吸う」ではなく「吐く」だそうです)

 

そんな訳で、上記を実践してまだ数日ですが、こむら返りに見舞われることもなく、夜グッスリ眠れてます。睡眠が取れると日中も頭がはっきりするので、活動的になれて嬉しいですね!