私と家族と丁寧な暮らし

アラサー兼業主婦です。日常できらめいたもの、妊娠・育児のこと、音楽のこと、読んだ本のこと、考えたことなど。

【妊娠後期の仕事】身体一番!いつも以上に自分を甘やかす

前回の記事に引き続き、妊娠中の仕事についてお話します。

 

 

8ヶ月での産休取得をおススメします

中期までは楽しく仕事ができてましたが、8ヶ月に入った途端、体に変化が訪れました。

私は法定よりも早く、32週ちょうどで産休に入りますが、それでも結構つらかったので、もし職場が許すのであれば、28週に入ったらお休みしてしまうのもアリだと思います。

 

◇8ヶ月以降、つらかった症状たち

頭痛

ズキズキくる系の頭痛です。妊娠中によくなる「脳貧血」ではないと思います。

脳貧血…立ちくらみ・めまいといった症状が主らしいです。

 

朝起きてすぐ痛くなるので、出社前にグダグダしながら様子を見ます。

出社できたらカフェラテを買ってました。恐らく私の頭痛は拡張型で、カフェインを摂取することで血管が収縮し、痛いのが少し収まりました。

 

お腹が急に大きくなる、頻繁に張る

おへその底が見えるくらい、急に大きくなります。どこからどう見ても妊婦です。階段をあがるのにも一苦労です。くしゃみをすると尿モレすることもありました。。

通勤や社内での移動も辛くなってきます。

 

また、お腹が張る回数が増えます。張っても横になれないので、デスクで深呼吸するか、トイレに行ってストレッチしてました。

 

あと、お腹が大きくなると息苦しいんですよね。張っても苦しくなります。

 

腰痛

この頃の腰痛は、腰というより、お尻でした。左のお尻の奥がすごく痛くて、うまく歩けない状態に。これもトイレでストレッチするより他に方法はアリマセン。

 

気持ち悪い

4ヶ月につわりが終わってから、今までと同様の食生活を送れるようになりました。

周期が増すごとにお腹が空くペースが早くなり、たくさん食べたものです。

が、30週頃から、ご飯を食べても・食べなくても、気持ち悪くなってきました。

子宮が大きくなって、胃腸を圧迫しているとのこと。。。仕事中も気持ち悪い。

 

胎動が痛い

我が子は本当に勢い良く、元気に蹴ってくれました。たまに顔をしかめることもありました。

胎動があるとお腹をさすってしまいますが、職場にはいろんな人がいるので、その動作が他人にとって不快にならないように、こっそりさすっていました。

 

 初期と後期は無理をせず、中期は快適な妊婦生活を

こんな感じで、妊娠中期はバリバリ仕事、初期と後期はセーブせざるを得なかったです。

いつの時も、上長に自分の体調と今後の見込みを報告していました。(たとえ、使えない/信頼できないと思っていても)上長に伝えておくのは重要です。